CSS Nite LP36【ビジネスに活用できる2014年SEOトレンド】レポート

 

みなさまお久しぶりです〜^^

相変わらず更新頻度が少ないですが、
久しぶりに大満足なイベントに参加できましたので、感想まで。

こちらはなのなの独断と偏見に満ちた一方的な見解ですので、
苦情は一切受付ません:)

 

banner-CSSNiteLP36

 

CSS Nite LP36 powered by In-house SEO Meetup

「ビジネスに活用できる2014年SEOトレンド」とは?

 

CSS-Nite-In-house-SEO-Meetup-2014-001

 

今回参加させていただいたのは、CSS Nite LP36 powered by In-house SEO Meetupという

インハウスSEO担当者向けの国内最大級のセミナーイベント。

CSS Niteは、Webを生業としている方なら、一度は耳にしたことがあるはずのイベントです。

年々参加者は増加しているそうで、今回は300名弱の参加者という大変大規模なイベントでした。

公式サイトはコチラ

 

今回のイベントの主旨

 

今までの「SEO=キーワード+タグ+テキスト+リンク」という意識をもった【SEO担当者】から、

ユーザーに有益なコンテンツの創造・今後の正しいSEO方向性を事業に活かし、【オンライン事業責任者】になるための、全体像を掴める様になること。(一部CSS Niteより抜粋)

 

①いままでのSEOと、向かうべき方向性

滝日 伴則さん(SEO Japan・アイオイクス代表取締役社長)

 

css-nite-in-house-seo-meetup-2014-002 

 

このセッションでは、主にいままでのSEOとこれからのSEOを解説していただきました。

今までの外部リンク・選定キーワードを含む内部施策などのおさらいで、

有料でセミナーに来ている方は、知ってるがな!な内容でしたが、改めて言われると考えさせられました。

 

まず前提としてGoogleは、人為的に最適化されたサイトを見せたい訳ではなく、

ユーザーにとって有益なコンテンツを持つWebサイトを表示させたがっており、

それはペンギンアップデート・パンダアップデートなどからも明らかであると。

 

そして今後は、コンテンツの品質・継続性をもってコンテンツを維持する(オーソリティ)こそ、

今後のSEO業界を生き抜く方法だと語っておられました。

 

まとめるといままでの検索順位の向上のみを目的する意識から、

ユーザーの為に如何に有益なコンテンツを作り・それを発信しつづけること。

この意識改革こそ重要だと思います。

 

下記はGoogleの公式サイトですが、ユーザーにとって有益Webサイトを作り・運営していくことができれば、

将来的に必ずいい結果が出るとGoogleが約束しているといえます。

Googleが掲げる10の事実

 

 


 

 

②セマンティックSEO&構造化データ

鈴木 謙一 さん(海外SEO情報ブログ・
株式会社セルフデザインホールディングス取締役)

 

css-nite-in-house-seo-meetup-2014-003

 

こちらも今後のSEOという意味で大変貴重なお話だったと思います。

(念願の鈴木 謙一 さんを直に見れただけで大満足)

 

いままでの検索エンジンは、テキストという文字列でしか判断できていませんでした。

それが文字の意味を理解できるようになりました。

文字の意味を検索エンジンに伝える方法が、セマンティックSEOであり、構造化データとのことでした。

 

こちらも事業の即効性があるもの施策ではありませんが、今後必ず必要な上に、

手間もそこまでかかりませんので、ぜひお試しいただければと思います。

実装方法もお話がありまたが、今回は割愛させていただきます。

 

 

③コンテンツSEO

山田 明裕(株式会社セルフデザイン・ホールディングス)

 

鈴木謙一と同じセルフデザインホールディングスの方が登壇。

いままでのWebページ作成のキーワード選定基準は、

購入・比較などコンバージョンが見込める物を軸に構成されているものが多かったが、

情報収集の検索ユーザーを刈り取れていなかった。

 

ではユーザーに対してどうアプローチしていくのか?

A.オタク記事の活用していく。会場には実際にA4プリント用紙に、

美容の記事が印刷されており、どちらが価値のあるコンテンツという問題がだされました。

 

実際に同じ題名・コンテンツにも関わらず、

アクセスでは6倍、流入キーワードは約4倍の違い現れたそうです。

 

そのライターさんの違いは何か?

ズバリオタクであること。(冗談半分ホンキ半分で、その対象物への愛)

 

そしてその記事に対して、リマーケティング・リターゲティングを行って行くとの事。

流れとしては、情報収集キーワード()の選定→オタク記事の制作→リマケ

こちらのフローで運用体制の確立が可能になるのではとのことでした。

 

④Google ライブ ウェブマスター ハングアウト

金谷 武明さん・長山 一石さん・田中清隆さん(Google)

Google

 

こちらは質疑応答形式で、Google 社員の方々がご回答いただけました。

少し建前的な回答も多かったかな?というのもありますが、やっぱり大変参考になりました。

特に自分が興味深かった物を、いくつか抜粋してご紹介します。

 

Q,スマートフォン・PCでの検索の違い(今後デバイス毎に検索結果を変えるのか?)

A,現時点では、PCもスマートフォンも検索結果は一緒であるが、

今後全くしないという意味でもない。もし変更する場合は、

Google ウェブマスター向け公式ブログで発表します。(下記URL)

Google ウェブマスター公式ブログ

 

Q,Google 側から見たSEOの重要な点は?

A,残念ながら検索結果のランキングにとらわれがちなウェブマスターが多いが、

実際にはフローの一部であり、Webサイトを俯瞰して運営して欲しい。

具体的には、googleのクローリングが適切に行われ、インデックスされているかのチェックなど。

 

Q,コピーコンテンツの認識と対策

A,こちらは自動ではなく、人力で対策を行っており、他ウェブスパム同様に、

ウェブマスターツールスパムレポートぺーじからご報告してください。

社員が目視で確認させていただきます。

Google Webmaster tool スパムレポートページ

 

Q,Google plus などのオーサーランクの今後

A,検索結果にだれが書いたかなど、今後表示することはない。

しかし誰が書いたかを重視しない訳では無い。

(ちょっとぼやーとしてますね。つまりgoogle plusのauthorタグはそのまま入れた方が◎

ただ具体的に順位に影響などの言及はありませんでした。)

 

Q,httpsの重要性

A,僕は最近自分のサイトを触っていませんが、もし何かしなければならないなら、

まずはhttps化を行います。

(うーんGoogleとしての希望な気もしますが、Google社員の方が優先順位が一番高いといういうのであれば

自社サイトはまずセキュリティ強化されたほうがいいかもしれませんね。)

 

Q,他言語化に対しては、サブドメインかサブディレクトリか

A,結論はお好きな方で。

(注意点はいくつかあるものの、特にどちがいいという見解は持っていないようでした。

ただ個人的には、ブランド認知が進んでいればどちらでもいいと思いますが、中小規模の多言語化であれば、

SEOの観点ではサブディレクトリだと思っています。)

 

Q,再審査リクエストに関して。

A,こちらもスパムレポートと同様、Google社員のかたが目視で行っているため、

しっかりと文章でください。

(このことに関して、その後Google社員の方にお話を伺いましたが、部分的に修正を行ったとしても、

再犯の可能性が高ければ、解除しないこともあるとのこと。

つまり外部リンク・テキスト修正に加えて、なぜ今回の様なことが起きたのかの理由の説明・今後の対策の明記は

リクエストの再審査リクエスト文章の加えたほうがいいと思います。)

 

 

⑤コンテンツ施策の立案から運用体制の設計まで〜ユーザーと対話する体制設計図〜

床尾 一法さん(シンプルシーン)

 

ざっくり概要としては、明確なキーワードの【六本木 グルメ 口コミ】などは、

具体的で(こだわりが強いため)コンバージョンしづらい。

逆に【東京グルメ】などは、こだわりがなく東京のグルメ(良さそうなお店ならどこでもいい)という

ユーザーのため、おすすめしたお店でコンバージョンしやすい。

 

そこで上記をふまえたカテゴリページを作成して、ビッグワード・刈り取りワードのトップページ集客ではなく、

ニーズに応じたコンテンツカテゴリの制作を行う事で、

効果的なサイトに仕上げることができる。

 

ユーザーに参考になるコンテンツを制作することで、

リピーターの割合も増えるとの事。

他コンテンツマーケティング同様即効性がないため、社内調整が難しく、注意が必要だが、

こちらのコンテンツを充実させることで、リスティングなどのCVRも上昇するため、

短期のPPC広告施策と、中長期のコンテンツ構築・運用が望ましい。

 

 

⑥キーワードマーケティングとしての売れるスマホ・ランディングページ。

〜リスティング広告で高収益を出す方法とSEOへの応用とは?

滝井秀典さん(株式会社キーワードマーケティング研究所 代表取締役)

 

今後さけては通れないスマートフォン・ランディングページを軸にお話いただきました。

おそらく今回のセッションの中でも、即効性の高いお話だと思います。

 

やはり重要だと思う点を上げると、

リスティングの調整と、受けのランディングページの重要度の割合を考えると、

リスティング3割、ランディングページが7割という内容で、

ランディングページが如何に重要かとお話されていました。

 

多くのECサイトの前提として、PCの方がCVRが良いが、

それはスマホランディングページが機能していない証拠であり、

商材にもよるが、しっかり作り込めば、むしろPCよりもCVRは上昇するとのことでした。

 

ではどのようなページが悪く、どのようなページが望ましいのかまとめると

 

×やったらアカン×

女々しくPCサイトに飛ばすボタンを付ける

TOPページは最適化、下層ページはPC

デザインにやる気無し

 

◎おすすめ◎

ページ遷移を可能な限り減らし、1ページにまとめる

アプリのイメージで、ヘッダーは上部固定・高さは44px・ナビボタン3つまで

フォーム画面は、電話番号入力時は数字、メールアドレスは英文字などの項目設定

可能な限りの高速化(cssスプライト等)

 

上記はまた更新予定です。

なるほど。。と思うことも多く、理由もちゃんとご説明していただいのですが、

多すぎるので割愛させていただきます。

UIの変更はすぐ出来るかもしれませんが、高速化は地道に取り組まれるといいかと思います。

ここはデザイナーさんだけでなく、ディレクターの方もなかなか意識しづらい箇所なので。

 

 

⑥そもそも論で考えよう!SEOを強化するコンテンツ制作術 2014

松尾 茂起さん(ウェブライダー)

 

まず有名なのは沈黙のWebマーケティングさんは担当者の方なら、

一度は目にした事が有ると思います。

 

話題性はもちろんなんと平均滞在時間が、脅威の6分を超えるとの事!!

重要な点は、カテゴリーのなかで、身近に思ってもらえるキャラクターなど を使って、

話題性に加えて、理解してもらえる環境を整えるという事ですね。

 

他サイトもあれっつ?? どこかで聞いた事があるようなフレーズもちょこちょこ入っています笑

 

薬剤師マキの調剤なる日々

東京エクセルストーリ

 

 

難しいことを難しく解説するのではなく、

あとで、思い出してもらえるコンテンツを作るということでした。

今までのサイトの外部リンクではなく、話題性こそソーシャルメディア で活きる事を考えば、

中長期のコンテンツには、こちらの考えも欠かせないですね。

 

ただ僕が言うのはあれですが、ウェブライダーさんの笑いのセンスが高いです!笑

なので自社制作される際は、独りよがりになっていないかなど、客観的に評価できれば、

このようなコンテンツは大変有効だと思います。

 

ちなみにこちらの内容は、女子大生に受け入れてもらえる事こそ

重要だ!女子大生最適化(J・D・O)だね!!!

見たいな時があり、松尾さんが合唱する場面も、ホントTwiiter状態でした。

 

 


ウェブライダーさんの恋するSEOが売れないよ〜とのお話があって、

みてみたら面白かったので、共有まで^^

 

 

 

 

以上になります。

11時から19時40分という長丁場で、いくつもセミナーには参加していますが、当然のごとく最長でした。

ただ内容は本当に大満足で、様々な方の目線からSEOを軸に解説していただけることは、

大変貴重な時間でした。また個人的にWeb担当者Forumの安田 英久さんが、

セッション毎に現場目線で、質問いただけるのが大変ありがたかったです。

 

また次回も参加したいと思います。ありがとうございましたー^^

あともうちょっと参加費が安くなると嬉しいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下記は全然雑談なので、お暇な方はどうぞ笑

 

 

前職の同僚の方から

「この前CSS Nite言ってきたんです〜」ちょっとドヤ

ってわたされた資料・・・

 

「ありがとうございます! 参考になります^^」

程度の返しでしたが、心の内は、

 

「うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!
参考になるうううううううう!!!! でもこの量・内容難しいいいいいいい!!!!!!!」

 

って感じでした。。当時余裕が一切なかったので、自分も一度行きたいな〜くらいにおもっていました。

そして月日は流れて2、3年後。。。。

 

Twitter アカウント見てたら、勝手にフォローさせていただいている鈴木 謙一さんが、

イベントで登壇されること。なっ!!!

これは行くしか無いと参加して参りました笑

 

でも冗談じゃなく日本のSEO業界の中核にいる方々のお話ですから、

ちなみにチケットは自分にとってはちょっぴり高かったので、そこも逆に安心でした。

(無料セミナー系は、だいたい業界解説→問題提起→でもあんたらじゃ無理でしょ?→ウチが解決しちゃうよ)

のながれで、うんざりだったので。。(タダで偉そうなことは言えませんが)

 

 

2014年9月20日(土)当日 wktk:)

 

こんな  たかいチケット代を払ったのだから無駄には 貴重な機会を逃すまいと、朝早く起床。

あと後ろの席とかなんも意味ないと思っていたので、ちょっと早めに向かう。

全然関係ないが、事前メールで、・長時間のセミナーですので、軽食や“おやつ”などをご持参ください。

の注意書きにビビって、パンとお菓子買って会場の神田へ向かいます。

 

いやーこの時間からセミナーとかいいねえと思ってたら、

割と近かったので、到着。そして会場開かず並ぶ。。。。

 

なんと前述の執念が、神様に通じたようで、大分前列で、中央の席をゲット!!!

登壇者の方々の表情までよく見えました。

 

 

しかも勇士の方が、延長コードを引いてくださり、お借りする事ができ、

最後までMac を使用することができ、大変、大変助かりました!!

万が一見ていただた際、この場を借りて、お礼申し上げます。

 

 

オープニング

 

そしてさっそく運営社の方々の本領を見たのは、じゃんけん大会!

隣の席と(二人掛け)前後で、合計4人でじゃんけんを行って〜という支持が。

半日も一緒にいるので、仲良くしてくださいーという声とともに、

じゃんけん+談笑 ここでお隣の方ともお話が合い大変有意義な一日となりました。

お名前だしていいのか分からないので、Yさんその節はありがとうございました:)

 

懇親会

 

セミナー後は懇親会にも参加させていただいのですが、

おしゃべりな自分に嫌な顔せず付き合っていただいたYさん、

Google・ウェブライダー・アイレップ・Ginza Meticsの社員の方々まで、

色々お話することできて大変楽しかったです^^

皆様本当にありがとうございました。

 

 

これからはSEO関連記事ふやしていこー。